我が家の大将・暴君こと凛ちゃんです

2011年7月
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
●凛(リン)ちゃん

2008.1.10 静岡県生まれ オカメインコルチノー。性別はオス。性格は物怖じせず怖いもの無し。短気、寂しがり屋、甘えん坊、気分屋。 好きな所:ヒトの肩。高いところ。 好きなこと:ナデナデ・カキカキ。 好きなもの:金属類(ネックレス、指輪など)、ボタン、携帯などの機器、ヒトの髪の毛。ビワボール。 嫌いなこと:掃除機の音、保定、孤独。趣味:破壊活動。 愛称:「大将」「暴君」。喋れる言葉:『リンチャン』『タカイタカイ…』

○パパ

自他共に認める鳥さん好き30歳。太らなきゃいけない凛ちゃんとは逆で、ダイエットに奮闘中。主に朝食時放鳥と清掃を担当。

○ママ

凛ちゃんに嫉妬する31歳。パパの可愛いお嫁さん。凛ちゃんにジェラシーを抱きつつ、その可愛さについやられています。主に夕食時放鳥を担当。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




2011/04/12
掛川花鳥園 〜その─

1302347477687405.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛川花鳥園レポート第8弾。今回で最終回です。

今回は屋外の水辺にいた鳥さんを中心にお送りします。

 

ここの屋外施設は日に3回「バードショー」という催しをやっています。

コンゴウインコやハリスホークなどが登場します。

我々が行った日は2羽でてくるはずのコンゴウの内1羽が機嫌を損ねて

出てきてくれませんでしたw 気まぐれさん。

http://www.kamoltd.co.jp/kke/falcon.htm

 

1302347367878648.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは第1回レポートでも登場しましたコクチョウ(ブラックススワン)です。

かっこいい。

オーストラリアやニュージーランドが原産でそういえばオーストラリアに行った際も

見かけました。

 

1302347430209326.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モモイロペリカンさん。

鮮やかなピンク色が特徴的です。ここには3羽いるそうです。

 

1302347394287694.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはコシベニペリカンでしょうか。モモイロより小柄です。

この場所には4羽いるそうです。

 

1302347499420102.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはマガモ。日本でみられるオーソドックスなカモさんです。

 

1302347448898989.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マガモかハシビロガモのメスでしょうか。

道端で寝ちゃっていましたw 人が近づいても動きませんw

 

1302347521023736.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘビクイワシのキックくん先日NHKの「ダーウィンが来た」をご覧になった方も

多いと思います。ヘビをキックしますw

http://kamoltd.blog110.fc2.com/?q=%A5%D8%A5%D3%A5%AF%A5%A4%A5%EF%A5%B7

 

1302347567510302.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エミューです。かなり近づけます。というかエミューの群れの中に入っていく感じです。

 

 

 

1302347540248321.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マナヅルさん。ここにはそのほかにホオジロカンムリヅルやカナダヅルがいます。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/?q=%A5%DE%A5%CA%A5%C5%A5%EB

 

1302347711842992.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サカツラガンでしょうか。この後、売店まで入ってきちゃっていましたw

 

1302348345898724.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカハシコガモのぶっち(受付担当)です。

去年に来園した子で、人の手で育てられたのでとても良くなれているそうです。
お客さんが「ぶっち」と話しかけると「イ〜ヒ〜」と小さな声でお返事するのも可愛いです。受付スタッフの人気者だそうです。

 

1302348324447076.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカオオコノハズクのリリちゃんです

初回でご紹介したアモくんと対になっているようです。

 

1302348131390053.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛川花鳥園は思っていたよりとても広く、鳥の種類が豊富でとても楽しめました。

また、上記のハスやバイキング場の上の花など本当に綺麗でした。

これほどの鳥や花がありながら、人が通るところは良く掃除をされていたことを

れません。

スタッフさんは皆さん、鳥や花を心から愛しているのだなと感じました。

また行ってみたいです。そして今度はオカメさんがいる神戸花鳥園もいいかななどと思っています。

 

 

1302348567261371.jpg

 

そして本ブログの主役、凛氏は当日起きた震度3の地震が恐かったのか

留守にしていたことが寂しかったのか

帰ってくるなり呼び鳴きが激しく、とても心細そうだったので

長めにスキンシップをとりました。いたって元気です。

 

「凛が主役だよっ!」

2011/04/11
掛川花鳥園 〜そのА

1302523832422986.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メスを相手に猛アピールするインドクジャクのオスですw

しかし・・・

 

1302523840281896.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラれてしまったようです。その後もこの調子で呆然とするオス・・・。

だいぶ長いこと閉じませんでした・・・。

 

1302067288845628.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのインドクジャクのオスの後ろにいてまったりしていたのは

シロクジャクさん。オスもメスも純白できれいな鳥さん。

一夫多妻制で、オスは雛を育てず、メスのみが育児にかかわるという時代錯誤で硬派な鳥さんです。

 

1302067248768847.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてオカメインコのオスのようにアジっちゃってるのは

ハイイロコクジャクさん。まるで凛ちゃんのようですw

名のとおり灰色の地味な鳥ですが、オスは灰色の羽のなかに光沢を帯びた青・紫・緑色の目玉模様がいくつも付いていて、これをメスに見せつけアピールするそうです。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/blog-entry-588.html

 

1302067331910865.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クジャクバトさん。
カワラバトから品種改良されて作り出された観賞用のハトだそうです。

普通のハトの尾羽は12枚程度なのに対して、クジャクバトは20〜32羽あり、その尾羽が扇状に広がっているところから、この名がついたそうです。

 

以下の4枚はハスの上にいた鳥さん特集です。(といっても2種類だけですが)

 

1302347832971508.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾウガメの上にもいたキンムネオナガテリムクさんです。

体重が軽いのでハスの上でもへっちゃらです。世話しなく歩き回っています。

 

1302348024949095.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、アフリカレンカクさん。

2008年と2009年の8月に可愛いヒナが誕生したそうです。

http://kamoltd.blog110.fc2.com/blog-entry-101.html

http://kamoltd.blog110.fc2.com/blog-entry-343.html

 

こちらはシロクジャクとは正反対で、オスの親が子育てをするそうで

オスが自分の羽の中に数匹のヒナをしまいこんで、挟んで移動するということです。

子煩悩パパさんですね。

 

1302347955121117.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1302067316732115.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の指が長いのでハスの葉の上を歩くのもお手の物のようです。

 

1302523782002770.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1302348267999201.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはバイキングができる一帯の上につるされている花々。

あまりにたくさんあって写真には撮りきれませんでした。

 

次回はついに最終回です。エミュー、ペリカン、白鳥などをお送りする予定です。

お楽しみに。

 

2011/04/10
掛川花鳥園 〜そのΑ

1302065965959638.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛川花鳥園レポート第6弾。本園の顔の一つ、オニオオハシさんです。

大きなクチバシとぬいぐるみのような毛並みが目を惹きます。4羽くらいいます。

特徴的なクチバシは体内の熱を血管を通じて放熱するラジエターの役割があることが最近分かったそうです。

 

1302347897075506.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凛ママが餌のリンゴ(角切り)をあげようとしています。

結果、ヨウム同様カップごと奪われてしまいました。賢い鳥さん。

 

1302065970231251.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口を開けるとこんな感じ。長いくちばしよりながい舌が入っています。アリクイみたいだねw

 

1302523774917162.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水鳥プールの全体像はこんな感じです。

右下の赤い鳥さんはショウジョウトキ。いつかのブログでもご紹介したと思います。

 

1302347623344635.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは同じ水鳥エリアにいるクロトキ。

中国東部、東南アジアの限られた地域と、インド、スリランカで繁殖し、中国で繁殖した個体は冬季東南アジアへ渡り越冬するそうです。

日本にも稀に渡来するようですが近年は減少気味で、西日本にまれに渡来するに過ぎないそうです。

 

 

1302067303697805.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんいるのはクロエリセイタカシギ。足が長いです。

漢字で書くと「黒襟背高鷸」。暴走族のようですw

 

1302347887061625.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロトキさん。北アメリカ南部から南アメリカ北部にかけて分布していて

カエルなどを食べるそうです。

 

1302348042260243.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロツラヘラサギ。

繁殖個体としてはとても珍しいそうです。非常に人懐っこくて餌を見ると

よってきます。

 

1302348415492891.jpg

 

オオフラミンゴさん。園には11羽いるそうでその中の一羽がなんと

ムーンウォークができるそうです。

http://kkestaff.blog24.fc2.com/blog-entry-422.html

 

1302348198800748.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見てください。この美しい光景。

花鳥園では、スイレンの池に約100品種600株ほどが展示栽培されてるそうです。

熱帯性スイレンが見られる施設としては、施設の大きさ、品種の豊富さとも国内最大の規模で、スイレンマニアからも注目されているとのことです。

 

次回はクジャクやハスの上を歩く鳥さんなどをご紹介する予定です。

 

2011/04/09
掛川花鳥園 〜そのァ

1302067308034057.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛川花鳥園レポート第5弾。今回はこれまでにご紹介できなかったインコ等を中心にお送りいたします。

まずはワカケホンセイインコ。これまでにこのブログで何度も取り上げてきた鳥さんです。

インドなどに住んでいるとても賑やかな鳥さんです。メキシコインコ同様、群れで

何度も施設内を飛び回っていました。

 

1302067328066928.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナナクサインコです。人にはあまり馴れていないらしく足早に去っていきます。

 色変りの多い種類がとても多く楽しめる鳥さんのようです。

  

1302347726470263.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左ヒメコンゴウインコは右はコミドリコンゴウインコと思われます。

 

1302348237135028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1302348459760271.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アカノドテリハメキシコインコだそうです。正直初めて名前を聞きました。

このインコは面白くコガネメキシコインコと夫婦になったり

コミドリコンゴウインコと夫婦になったりする異色の鳥さんだそうです。

http://kkestaff.blog24.fc2.com/?q=%A4%EF%A4%B1%A4%A2%A4%EA

 

1302523855022524.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで恐らくこの二羽が異種つがいなのかもしれません。

その証拠にいつも一緒にいて木のスキマを一生懸命に掘っていました。

 

1302065894685509.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンケイ(錦鶏)さんです。ニワトリのような歩き方で施設内を自由に闊歩しています。

中国南部などの高山に生息する鳥さんです。上記はオスで派手なのですが

メスはキジのような地味な感じです。

 

 

1302065942457915.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前から見るとこんな感じw

 

1302067222316968.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはその仲間でオウゴンキンケイさん。キンケイを品種改良し、全体的に黄色く、黄金色に見える事から、オウゴンキンケイと呼ばれているそうです。

 

次回はオオハシなどが登場します。乞うご期待。

 

 

2011/04/08
掛川花鳥園 〜そのぁ

1302065985014431.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1302066007999674.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛川花鳥園レポート第三弾。今回のテーマは「仲良し」です。

はコガネメキシコインコの仲良し三匹組です。

真ん中の子が左右の子から「かいて」ということで羽づくいをせがまれ

大忙しでした。右の子の眠そうなことw

 

1302065960826701.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャノドメキシコインコさんでしょうか?仲良くお水を飲んでいました。

コガネメキシコインコよりも小型でより人懐っこく積極的に人に絡んできます。

 

1302065900707075.jpg

 

1302067349279183.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングストーンエボシドリさん。二つ上の子、かっこよくないですか?モデルみたいw

似た種でギニアエボシドリというのもいるのですが(下の写真)、リビングストーンの方は

飾られた冠羽にさらに小さな白い飾りがついています。

 

1302347806803181.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(↑ギニアエボシドリの近影)

 

1302067256830281.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのお仲間のオウカンエボシドリさんです。

 

1302067261050255.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューしちゃいます 仲がいい。

 

1302065956453857.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エボシドリ繋がりで今度はニシムラサキエボシドリさん。アフリカ中南部原産の

あまり人にはなれない鳥さんと言うことでしたが意外と結構近寄れました。

 

1302523826245559.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてハイイイロエボシドリさん。少し趣きが異なりますね。

地味であり可愛くもあります。

 

1302067284428427.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアケボノインコ達も群れで生活しているようでとても仲良しさんでした。

 

1302067294104698.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オウカンエボシドリさんとアカオビチュウハシさん、キムネチュウハシさん。

チュウハシとは、オオハシ科の鳥で、体がオオハシほど大きくない種類を指すそうです。

 

いずれも中南米原産でノコギリのようなギザギザ状になっています。

 

1302067343494083.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然別の種類の鳥さんなのにここでは争うこともなく仲良く暮らしています。

人間もそうであればいいのに・・・。

 

1302067339399340.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲の良いオウギバトのお二人。つがいでしょうか。園内には3羽いるそうです。

頭部の扇状の羽冠が美しく、それがちょうど扇状に広がることからこの名前になったそうです。ほとんど鳴かないそうです。

地味ですが良く見るととても美しい鳥さんです。

 

次回はその他のインコ、キンケイが登場する予定です。

お楽しみに。

 

2011/04/07
掛川花鳥園 〜その〜

1302066030036468.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛川花鳥園レポート第三弾。今回はいよいよメイン施設の「ふれあい小道」でのご紹介です。

 

上の鳥さんはお馴染みヨウムさんです。ここには少なくとも3羽いました

ドリーアンソニーという子がケージに入れられていました。

いずれも「ハロー」や「こんにちは」などの言葉をしゃべっていました。さすがに賢い!

 

問題は上の子です。100円で餌を買い、与えるのですが

 

1302127117145446.jpg

 

凛ママはこのようにカップごと奪われていましたw ひどい。

 

1302065923107577.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、高いところにあがって悠々とお召し上がりに・・・。見くだしている感さえありましたよ。こういう光景をその後何度となく見ることとなります・・・。

 

1302348550479508.jpg

 

そしてこちらがタンブラーピジョンというハトの仲間。えらく人懐っこいです。

 

1302065882170319.jpg

 

そしてこの日、ワタクシ凛パパの心を最もわしづかみにしたのがこの子!

オオバタンのサンタくんす。年齢は30歳を超えるようです。年上だ!

白色オウムが三度の飯より大好きの凛パパはこのかわいさにもうメロメロ。長時間居座り続けてしまいましたw

 

1302065906493826.jpg

 

見る角度によってはこんなにピンク色になっています。

 

1302065888599466.jpg

 

そして後ろ姿はこんな感じに。かわいすぎる!美しすぎる!

 

1302065979421036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと頭を掻いてやりましたよ。キミもどの人が鳥好きさんかをわかっているんだね。

 

白色つながりで

 

1302065933392413.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはコバタンコバちゃん。お腹の辺りを少し毛引きしちゃっていました。

この子ももちろん、カキカキ。冠羽の筆毛をほぐしにほぐしてやりました。

 

1302067216873093.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバタンとコキサカオウムでしょうか。ずっと遥か上空にいて結局下りて来てくれませんでした。気分屋さんっ。

 

1302066013013227.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログでもちょいちょい出てくるオオハナインコさんです。赤いのでメスですね。オス(緑)もいるようですが見つけることができませんでした。

 

1302065951845970.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は思わず笑ってしまった光景です。

ゾウガメの上に乗っているのはキンムネオナガテリムクでしょうか。

とても偉そうでしたw

 

回は大型オウムさんを中心にお送りしてきました。

次回は小型インコなどをお送りしたいと思います。乞うご期待。

 

2011/04/06
掛川花鳥園 〜その◆

1302067235665811.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フクロウ展示施設(+お土産売り場)を抜けると「水鳥プール」と呼ばれる場所に

行き着きます。

 

1302066043763781.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにはマガモやオシドリ、ガンなどが多数いて上のようなコクチョウも

見ることができます。

 

1302067244676407.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また小道を挟んで反対側にはケープペンギンも大勢います。

手前の子達は雛でしょうか、後の成鳥より地味な感じです。

 

1302066034437200.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ペンギンにごはんをあげてみよう』という催しがあり、1回200円で

小魚2匹をあげることができます。

 

またこの後、昼過ぎに「ペンギンと写真撮影」というイベントがあり、参加しました。

このイベントは事前予約制で日に2回しか行わないので参加したい方はお早めのご予約がお薦めです。(1回10組まで)

 

1302066022577773.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて「ふれあいゾーン」にて数種類の鳥さんと記念撮影+おさわり会に

参加しました。

 

上の子は、タイハクオウムのタイちゃんです。おっとりしていてとてもかわいいです。

 

1302066048188281.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはワライカワセミのケラくんです。名前の由来はケラケラ笑うからだとか・・・w

 

その他にも前回ご紹介したメンフクロウだったり

 

1302066026264270.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TV(ザ・ベストハウス123)でもお馴染みのアフリカオオコノハズクの

ポポちゃんです。この園の顔と言っても良いでしょう。

 

1302067240198329.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相方のココちゃん撮影&おさわりが出来ました。

 

1302348178610528.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 タイちゃんとの撮影の後でピースをしてくれていたカタリーナコンゴウインコこ

晴夏ちゃんす。

 

1302348141052930.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チゴハヤブサのアオちゃんです。ハヤブサよりも小型(稚児)であることが和名の由来だと言われているそうです。かわいいですね。

 

1302067230759079.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオフクロウのくるみくんす。

2008年に富士花鳥園にて生まれたそうです。男性が苦手で

男性スタッフが近づくと威嚇してしまうそうですw

 

今回はふれあいソーンを中心にお送りしてきました。

次回はいよいよメイン施設の「ふれあいの小道」のレポートです。

お楽しみに。

 

2011/04/05
掛川花鳥園 〜その 

1301890454831760.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の日曜日に念願の掛川花鳥園に行って参りました〜!

ここは皆さんもご存知の鳥さん好きの聖地と言っても過言ではない施設で

ペログーの他のオーナーさんも行かれた方が多いと思います。

 

1302065812929614.jpg

 

入園料は通常大人1050円するのですが、先の震災のこともあり

500円で入園することが出来ました。(ワンコインキャンペーン:4/28まで実施)

 

またHP(http://www.kamoltd.co.jp/kke/)には以下のような文言がありました。

平成23年3月11日の東北東日本大震災で被災された皆様、そして成すすべもなく亡くなった

動物達に深く哀悼の意を表します我が掛川花鳥園ができる事と致しましては、
多くの方にご来園頂き、癒しの空間を変わらず提供する事だと考えております。
素晴らしい。そうですよね。被災したのは人間だけではないですよね・・・。

 

さて、では掛川花鳥園レポートと言うことで数回に分けまして

更新をしてまいりたいと思います。今日はまずその一回目。

 

まずはフクロウ展示施設から。この展示施設には約30種類のフクロウ・ミミズクが常設で展示されているそうです。

 

 

1301891603230753.jpg

 

まずは受付担当のアモくんです

受付の片隅に居て、電池式の置物かと間違えるほどに動かなかったので

驚いてしまいました。見過ごされた方も多いのでは?と思います。

ちなみに受付にはもう一羽居るので最終回でお伝えしようと考えています。

 

1301890514051974.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては、カラフトフクロウ。独特のお顔立ちが特徴です。

名前から想像できるとおり北半球の寒い地域に生息しているようです。

 

1301890518420509.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シロフクロウ。ハリーポッターで主人公ハリーが飼うフクロウのヘドウィックというのがこのシロフクロだそうです。映画を観ていないので不詳ですみません。

 

1301890561699590.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンガルワシミミズクだと思われます。すみません、推測で。

 

1301891735940425.jpg

 

恐怖を感じるとこのように細くなるようですw

 

1301890565889047.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュージーランドアオバズク。精悍な顔立ちでいてかつかわいい。

 

1301890627829571.jpg

 

最近はテレビでもお馴染みのメンフクロウ。

白いお面をつけたような顔が特徴的ですね。とても人気です。

 

1301890633454784.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三羽も居ますw

 

1301890692848030.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コキンメフクロウでしょうか。とても仲良しさんでした。つがいでしょうか?

 

1301890697438331.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オカメ同様、「カイテッ!

 

1301890733182050.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あら、春ですね

 

1302065911143824.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、分かりづらいですが2/18に生まれたばかりのワシミミズクの赤ちゃんです。

ユーラシアワシミミズクとトルクメニアンワシミミズクの子供だそうです。

赤ちゃんとはいえかなり大きい赤ちゃんでした。

 

ちなみにフクロウとミミズクの違いはというと

「羽角(うかく)」と呼ばれる飾り羽(耳ではない)があるのがミミズクで

ないのがフクロウのようです。分類上はいずれも区別がなく

両方ともフクロウ目フクロウ科に属しているそうです。

 

今回は室内展示のフクロウさん・ミミズクさん中心でしたが

次回以降は、ペンギンさんやインコ・オウム、そして素晴らしい花々を

お伝えしていきたいと思いますのでお楽しみに。

 

ちなみに当家当主の凛氏はお留守番だったのですが

無事に元気でした。(余震の影響か、1本尾羽が抜けていましたが)