セキセイ(12歳)の日常を家政婦目線で追いました

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
キサンタ(大旦那さま)

12歳になったルチノーのオス。気は荒いが、とっても賢い。うちの父曰く、「老獪なじい様」   2007年5月4日、天国へ旅立ちました                *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*     

ふさ子

大旦那さまの寵愛を受けるため、日夜頑張る飼い主兼家政婦。   *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*     

CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Nov 30, 2006
大旦那さまはロックがお好き

1164879909864702.jpg昨日は私の大好きなB'zがテレビに出ていました   (人´v`*)

 

実は大旦那さまのお世話をしてる年月より、B'zのファン歴のほうが4年も長いという事は、大旦那さまには内緒にしています。

 

テレビの前でノリノリで歌ってたら、こんな顔して大旦那さまが私の事を見てました。

 

何でしょう、この何か言いたげな、もしくは珍しい生き物でも見るような視線は・・・ (・∀・;)

 

でも気分の良い時は、大旦那さまも一緒に歌ってくれます。

時には頭を上下に振りながら、ノリノリになったりもします。

ゆったりした曲よりもロックがお好みの、ハイカラなおじいさんです。

 

車で移動する時も、CDをかけていたらじっと聞いている事に、ついこの間気付きました。

今までは余計なストレスになるかもと思い静かにしていたのですが、曲が流れているほうが気が紛れるみたいです。

 

元気な頃、放鳥している時にCDをかけていたら、わざわざスピーカーの近くまで行って歌ったり踊ったりしてたので、 実はかなりの音楽好きなのでしょうか?

 

早く元気になって、またリサイタルを開いてもらいたいものです(^-^ )♪

 

プチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 ロックの好きなかたは、ぜひプチッとお願いします(^人^) 

 

Nov 29, 2006
大旦那さまと母

1164790599940876.jpg今日この写真を撮りながら、「今日もヒーターに焼かれてこんがりですね〜」と言っていたら、台所にいた母が飛んで来て、「早くヒーター消しなさい!」と怒鳴りました。

 

どうやら本当に大旦那さまが、ヒーターで焦げていると思ったみたいです。

 

もし本当に焦げていたら、「こんがりですね〜」なんて悠長な事言うわけないじゃないですか。自分が焼けてでも助けますよ。 

 

うちの母は、天然です。しかも動物が嫌いではないけど、恐いらしいのです。

そのため大旦那さまとの間には、少しだけ距離があります。

でも飼っていればやはり可愛く思えるようで、青菜をやったり、話しかけたりしています。

 

  

1164790147597299.jpgそして母が大旦那さまのために栽培(?)している、大根葉と豆苗です。 

 

大根は分かりますが、豆苗には根っこが付いてないような・・・。

しかも水がちょっと多いような・・・。

 

これを見た瞬間、やっぱり天然だなぁと思ってしまいました(・∀・;) 

 

でも最初の頃に比べたら、大旦那さまと母との距離は確実に縮まってきています。

 

ただ、青菜をあげるのをもたついていたら、ガブリとやられています(´▽`;)

 

ガブリも愛情表現ですよね、大旦那さま?

 

 

プチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 母と大旦那さまの微妙な関係に、プチリとお願いしますm(_ _)m

 

Nov 28, 2006
コウモリさんについて

1164704366383363.jpgコウモリさんがお見舞いに来たおかげか、何だか大旦那さまの機嫌が良いです。

 

ヒーターの光で分かりにくいですが、珍しく優しい表情で指を甘噛みしてくれてます。(22日の写真と比べてもらえたら、分かりやすいかと思います。)

 

コウモリさんですが、ネズミさんのように鳥に害のある生き物だったら困るので、少し調べてみました。

 

どうやら日本で一般的に見られるのは、「アブラコウモリ」という種類らしいです。

 

このアブラコウモリ、コウモリの中では珍しく、家屋に住み着くそうです。そのため別名は「イエコウモリ」だとか。

 

1.5cmの隙間があればどこでも入れるので、瓦の隙間や天井裏、換気口の中を寝床にしている事が多いみたいです。

あまり大量に住み着かれると、糞尿や匂い、ダニの被害が出たりするとか。

最近ではアブラコウモリの数が増え、家に住み着かれて困っている人も増えているそうです。

ただ害虫を食べてくれるので、完全な悪者というわけではなさそうです。

少なくとも大量に住み着かれなければ、鳥の害にはならない感じでした(´▽`;)

 

家屋に住み着くという事は、もしかしたらこのブログをご覧の皆様のお宅にも、ひょっこり訪問する事があるかもしれませんね。

今日うちにいらしたお客さんに父がこの話をしたら、「うちにも以前入り込んでた事があった。捕まえようにも飛び回って大変だった。」と言ってたそうです。

捕獲する時、うちの父はワイルドにティッシュで掴みましたが、噛まれる事があるので、必ず軍手などを着用しないといけないみたいです。

 

思いがけない訪問客でしたが、大旦那さまには他にどんなお友達がいるのでしょう。(もうコウモリさんは友達だと決めつけました)

よく外から鳥の鳴き声が聞こえてくると、それに応えるように大旦那さまも鳴いている時がありますが、もしかしたら外の世界にはたくさんのお友達がいるのでしょうか?

そう考えると、何だかメルヘンですね。

次は、鳥のお友達が来てくれればいいのになぁ(*´v`*)

 

ポチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 友達の多い大旦那さまに、ポチリとお願いします(´∀`人)

 

Nov 27, 2006
珍しいお客様

今朝起きると、壁に見慣れない物が張り付いてました。

丸くてテニスボールくらいの大きさで、濃い灰色の毛が生えています。

目玉があれば、トトロに出てくる「まっくろくろすけ」そっくりでした。

私はその得体の知れない物体に驚き、大旦那さまを連れて急いで1階に下りました。

 

すでに起きていた父と母に、「私の部屋に何か変な物がいる」と言うと、父がすぐ2階へ行き、その後ろをフマキラーとハエタタキを持った母が付いて行きました。

私は恐かったので下にいたのですが、5分もしないうちに父が下りてきました。

恐る恐る何だったのか聞くと、「コウモリだった」と父が言いました(゜ロ゜;)

 

まっくろくろすけを父がティッシュで摘むと、にゅっと足が出てきてジタバタしたそうです。

それでコウモリだと分かったので、慌てて窓から逃がしてやったとの事。

どうやら私の部屋で丸くなり、熟睡していたようです。

 

そのあと下りて来た母が言うには、他の部屋には何もいなかったそうです。

でも昨晩寝る時は何もいなかったし、窓も閉めてたので、どこから入ってきたのかすごく不思議です。

それに、なぜ私の部屋にやって来たのでしょう。

父は、「大旦那さまのお見舞いに来たんじゃないか?」と、笑いながら言ってました。

そんなバカなと思いますが、そう考えると何だか面白いですね(・m・*)

 

1164618602918441.jpg

昨晩お見舞いに来てくれたコウモリと、遅くまで話し込んでいたのでしょうか?

 

それで遅くなったし、「今晩は泊まっていきなさい」とでも言ったのでしょうか?

 

「コウモリは帰ったのか?」

 

はい、帰られましたよ。(本当は追い出したんですが)

でも大旦那さま、今度からお友達が来る時には、一言おっしゃってくださいね。

心の準備がいりますから。

 

今冷静になってみると、写真を撮っとけば良かったと後悔しています(´▽`;)

 

もしまたコウモリさんがお見舞いに来られた時は、絶対写真を撮りますね(´∀`*)

(でももう部屋の中には入ってほしくないなぁ

 

ポチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 顔の広い大旦那さまに、ポチっとお願いします

 

Nov 26, 2006
たまには外に出るぞ

1164532426132747.jpg昨晩、ほぼ食べつくした粟穂をカゴから取ろうと思って手を入れたら、ぴょんと大旦那さまが手に乗ってきました。

 

そしてそのまま手を伝って外に出て、腕のところで寝てしまいました。

 

どうせ寝るんなら、おうちの中で寝ればいいのに   (*・ω・)

 

そう思いつつしばらく様子を見ていたら、突然目を覚まして毛繕いを始めました。

 

毛繕いが終わると、今度はつま先のほうに走って行って、足の爪に何かぶつぶつと文句を言ってました。

 

そうかと思うと、走って戻って来て手にぴょんと飛び乗り、またうとうとしてました。

 

元気な頃は、眠ければ自分からカゴに帰っていた大旦那さま。

 

本当に体調が悪い時は人間にべったりで、大嫌いな抱っこも自分からせがんでたのですが、まさかまた体調が悪くなったのでしょうか?

 

心配になって寝ている大旦那さまをそっと捕まえてみたら、「ギャギャギャッ」とえらい勢いで怒られ、ガブリとされました(≧ω≦。)

 

けどガブリと怒ってくれて、少し安心しました(*^ - ^*)

体調が悪いから、人間にべったりしてたわけではないみたいです。

長い間まともに外に出てなかったから、人恋しくなったのでしょうか?

何だか申し訳なく思ってしまいます。

 

前回の診察の時先生に、「まだ外はダメですよね?」と恐る恐る聞いたら、「ははは〜、もちろんです。いくら良くなってても、ついこないだまで肺炎だったんですから。」と、さわやかに言われてしまいました(-∀-;)

 

だから大旦那さま、まだもう少しお外は我慢してくださいませ(ノω・、)

以前私自ら大旦那さまを外に出した事は、どうかお許しくださいm(_ _)m

そうは言っても多分また、こんな感じで外に出ちゃうんだろうなぁ。。。

でもあまり派手に動き回ってないから、、、って言い訳はやっぱダメですかね?(´∀`;)

 

プチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 お外禁止の大旦那さまに、愛の1票をお願いしますm(;∇;)m

 

Nov 25, 2006
学習するインコ

1164447672254303.jpg食べて寝てたまに温度計にグチを聞いてもらってと、いたって平穏な闘病生活を送る大旦那さまですが、1日2回、活発に動き回ります。

 

そうです。投薬のお時間です。

 

投薬ですが、実は私より父のほうが、かなり上手です。

 

なので、父→投薬、娘→大旦那さまを捕まえて父に渡す、という役割分担が出来ています。

 

顔も性格も似ておらず、たまに本当に親子なのか疑わしくなる父娘ですが、この時の連携は素晴らしいです。

 

そのため、私と父がカゴの前に来たら嫌な事をされると、大旦那さまは学習したようです。

 

2人でカゴの前に行くと、すごい勢いで逃げ回ります。

 

ただ大旦那さまの賢いところは、2人一緒じゃないと逃げ回らないところです。

私だけ、もしくは父だけだと、カゴの前に行っても写真のように普通にしてます。

賢すぎて嫌になっちゃう( *´艸`)

 

ところで点鼻薬ですが、父にがっちり捕まえてもらってたら、案外簡単に入れる事が出来ました。一安心です。

 

点鼻薬を何とか無事入れる事が出来てほっとしていたら父が、

「今のはワシじゃなくて、ふさ子がやったんだからね!あぁ、点鼻薬入れられるなんてかわいそうに!ワシじゃなくてふさ子だからね!」

と、大旦那さまに頬ずりしながら言ってました。嫌な親父・・・。

 

だいぶ回復してきた大旦那さまですが、投薬を含め、まだまだ普通の生活には戻れません。

24時間明るくするのも、まだしておいてくださいと言われました。

 

「部屋中明るくしなくても、エサと水だけ見えるようにしてあげたらいいですよ。」と先生に言われたので、昨日は電気スタンドをカゴの近くに置き、久々に部屋の電気を消して寝ました。

 

でもやっぱり大旦那さまと相部屋だと気になって、夜中に何度か目が覚めました(´▽`;)

早く元の生活に戻れるよう、これからも頑張りましょうね♪

 

プチリとm(・ω・)m

 ←ランキングに参加しております。

             点鼻薬を入れられる大旦那さまに、癒しの1票お願いします (-人-)

 

Nov 24, 2006
大旦那さまの底力

1164364893862214.jpg本当は土曜か日曜に病院へ行こうと思っていたのですが、土日はかなり混むらしいので、今日昼から時間を作って行って来ました。

 

写真は信号待ちの時に撮ったものですが、少し車に慣れたのか、何だか余裕の表情でこちらを見ていました。

 

でも診察室に入るなり、ぎゃっぎゃっと喚きながらカゴ内を飛び回る大旦那さま。

 

どうやら白衣を着た男の人には、嫌な事をされると学習したようです。

 

 

「すごい!随分良い動きになってますね〜。」

飛び回る大旦那さまを見て、とても先生は嬉しそうでした。

抵抗しても、結局カゴから引っ張り出される大旦那さま。

 

「うわ〜、すごい!10日間でだいぶ良い太り方になりましたね〜。」

触診しながら、また先生は嬉しそうにおっしゃいました。

 

その後も聴診器当てては「すごい!」、顕微鏡覗いては「すごい!」と、すごいを連発されてました。

前回の診察から10日ほどしか経ってないのですが、10日間で呼吸音はかなり正常になり、細菌類もほぼいなくなったそうです。

 

「この年齢だし、10日間でまさかここまで良くなるとは思ってませんでした。本当にビックリしてます。よく頑張りましたね。」

そう言って先生もスタッフの方も、すごく喜んでくださいました。

 

診察室で踊りだしたい気分になりましたヽ(○´w`)ノヽ(´w`●)ノ

 

ただ、大喜びした後、鼻に雑菌が入ってると告げられました(先に言ってよ・・・)

直接投与の飲み薬を飲ませていると、空気中の雑菌が薬と一緒に鼻に入る事があるらしいです。

でもあまり心配はいらないとの事で、ほっとしました。

 

なので今までと同じ薬と、プラス点鼻薬を入れるように言われました。

 

余談ですがこの点鼻薬、先生が、「簡単ですからね」と見本でやってみてくださったのですが、あれは先生だから簡単に出来たのであって、きっと私には無理だと思います(-∀-;)

 

まだ完治したわけじゃないからお外も果物も禁止ですが、快方に向かっているのは確からしいので、本当に安心しました。

 

すごいぞ大旦那さま!この調子で次回の検査までに完治しましょう!!

 

ポチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 高齢とは思えない回復力の大旦那さまに、ぜひポチリとお願いします

 

Nov 23, 2006
久々のお外

1164278732330465.jpg昨日思いっきり噛まれましたが、その噛み方が今までと違って本当に痛く、大旦那さまとの関係に危機感を感じたので、少しだけ外に出てもらう事にしました。

 

病院の先生にはくれぐれもご内密に・・・m(;ω;)m

 

以前スプーンで水浴びしようとした大旦那さまですが、また同じ事するかな?と思い同じように薬入りスプーンを近づけてみたら、今回は飲むだけで水浴びしようとはしませんでした。

 

挿餌食べてるみたいで可愛くないですか?( *´艸`)

 

久々まともに外に出た大旦那さまは、カゴの上と私の肩を行ったり来たりしてました。

 

私の肩に来た時は、薬でガビガビになった顔を首やほっぺにこすり付けてきました。

 

可愛いし、くすぐったいしで、とても幸せでした.(*≧m≦*)

放鳥出来なくて、私もストレス溜まってたのかもしれません。

 

30分程でカゴに帰ってもらいましたが、すんなり帰ってくれたので、どうやら満足したみたいです。

 

早く病気をやっつけて、元気にお外で遊びましょうね(^∇^) 

 

ポチっとm(・ω・)m

 ←ランキングに参加しております。

             よろしければポチっとお願いしますm(*-ω-)m

 

Nov 22, 2006
食べ物のストレス

1164185081254799.jpg

大旦那さま〜。

 

まだあまりお外で遊べないから、せめてカゴ越しにでもスキンシップしませんかぁ?

 

「うざいっ

 

思いっきり噛まれました。

 

いや、予想してたからいいんですけどね。

 

ただ、指をハミハミ甘噛みしてる写真が撮れたらいいなぁなんて、思ったんですよ。

 

ほんと、思っただけですから。

 

別に傷ついてないですよ、全然(T△T)

 

 

何だか元気な頃より、3割増しくらい噛む勢いがすごい気がします。

闘病生活のストレスがたまってるのでしょうか?

外ではまともに遊べないし、ムリヤリ薬飲まされるし、そのうえ食べ物も制限されてるから、そりゃストレスもたまりますよね。

 

今の大旦那さまは、なるべくパウダーフードに専念して健康的に太ってもらうため、果物が禁止されてます。

果物大好きなのに、かわいそうな大旦那さま(´;ω;`) 

 

果物といえば、柿が美味しい時ですね。

うちは商売をしているため、お客さんからよく旬のものをいただきます。

この時期、柿もたくさんいただくのですが、なぜか「鳥には柿を食べさせたらダメ」と猛烈に母が言うため、大旦那さまにあげる事が出来ません。

 

何を根拠に言っているのか、全く分かりませんが・・・。

 

そういえば先日お客さんにいただいた柿の中に、まだ熟してなくて渋いものが混じっていたらしく、たまたま渋い柿を食べた母が悶え苦しんでました。

 

あの姿を見た時、やはり柿はよくないのかも・・・、と思ってしまいました。

 

でも野鳥はよく柿をつついてますよね?

動物病院の先生に聞いてみようと思うのですが、いつも聞くのを忘れてしまいます。

皆様のお宅では、どうされてますか?

 

大旦那さまは母のせい(?)でこれからも柿を食べれないかもしれませんが、早く良くなって、大好きなリンゴやミカンはたくさん食べてもらいたいものです(´∀`*)

 

プチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 渋柿を食べた母に、慰めの一票をお願いします(;*´ω`)ゞ

 

Nov 21, 2006
水浴びしたい?

1164076127124920.jpgまたまた元気な頃の大旦那さまです。

 

この写真のように大好きなカーテンレールの上で、早く遊べるようになるといいですね(´∀`人)

 

でもおととい辺りから、すごく元気になってきました。

 

今日も食欲旺盛で、呼び鳴きも絶好調です。

 

それに壊れておもちゃと化した温度計を、朝からつつき倒してます。

 

「元気になったら、こうやってふさ子を突いてやろう。いや、この角度のほうがよいか?」

 

大旦那さま、お手柔らかに(・∀・;)

 

段々動きのキレも良くなってきてるため、投薬で捕まえるのに苦労するようになりました。

 

昨日の晩はするすると逃げて、カゴの外に出てしまいました。

 

すぐ捕まえようと思ったのですが、かれこれ1週間近くまともに外に出ていないし、カゴの上で大人しく毛繕いしてたので、少しの間自由にしてもらいました。

 

その姿を眺めながら、飲み水に混ぜる薬を溶かすため、水入れの水をスプーンでかき混ぜていました。

 

それをじっと見つめる大旦那さま。

 

「飲みますか?」と、薬を溶かした水をスプーンに入れて近づけてみると、素直に飲んでくれました。

 

可愛いなぁと思い眺めていると、次第に羽をワキワキさせ始め、何とスプーンの水で水浴びしようとしました。

 

1164076015072696.jpg

こんなに小さいスプーンなのに・・・。

 

普段水浴びしないくせに、何を思ったのでしょう?

 

やっぱり薬でガビガビになった顔が気になるんでしょうか?

 

本当に面白い鳥さんです(´∀`*)

 

ところで病院でもらった注意書きに、「いつでもエサを食べれるよう、24時間明るくする」と書いてあります。

 

でも私、暗くないとなかなか眠れないのです・・・。

 

こんなに元気になってきてるし、もうそろそろ暗くしてもいいですか、大旦那さま?

 

 

ポチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

いつも応援ありがとうございます!

          さっき順位を見たら、10位に入っておりました!

          目標30位だったので、すごく嬉しいです(TДT)

          つたないブログですが、これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m         

 

 

Nov 20, 2006
呼んでますか?

1164010077945697.jpg

写真は、体調を崩す前の大旦那さまです。

 

もちろん、このあと噛まれました(≧ω≦。)

 

最近はずっとカゴの中にいて、あまり触れ合えなくて寂しいです。

 

病気だからしかたないでんすけどね(´Д`)

 

外で遊んでないせいか、呼び鳴きがすごいです。

 

部屋に入る時と出る時は、すごい勢いで鳴きます。

 

でも昨日、呼び鳴きをするのは私にだけだという事が判明しました!

 

看病は私の部屋でしているのですが、昨日母が青菜を持って私の部屋に行きました。

 

それからしばらくして私も部屋に行ったら、いつものように部屋に入る前から鳴き声が聞こえてきました。

 

部屋に入ると母が暗い口調で、「お母さんが来た時には、ぴーともちーとも言わなかった」と言いました。

 

私の部屋は2階にあるのですが、母が言うには、階段を上る音が聞こえた時から鳴いていたそうです。

 

へこむ母とは反対に、私は優越感に浸りました・・・(* ̄m ̄)

 

以前父が様子を見に来た時も、一声も発しませんでした。

 

なんて可愛い大旦那さま!

(もしかしたら呼び鳴きじゃなくて、何か文句を言ってるのかもしれませんが

 

早く元気になって、またお外で一緒に遊びましょうね(⌒▽⌒)

 

プチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 呼び鳴きのお返事に、ぜひプチリとお願いします

 

Nov 19, 2006
我輩は・・・

1163922574767686.jpgワシは鳥である。名前はキサンタ。ふさ子家の家長である。

 

最近どうも体の調子が良くないと思ったら、どうやら肺炎になっておったらしい。さすがのワシも年には勝てんかったようじゃ。今は大人しく養生しておる。

 

そういえばこの間から、ワシの飯が変わったんじゃよ。飯にふりかけが付くようになったし、水の色も何だか濃い気がするのぉ。

 

ふりかけはふさ子が言うには、亜米利加からの舶来品らしいの。ワシは和食が好きなんじゃが、食べ物を粗末にするわけにいかんからの。我慢して食っておるぞ。

 

ワシが飯を食ったり水を飲んだりすると、何故かふさ子が褒めるのじゃ。腹が減ったから食い、喉が渇いたから飲んでおるのに、ふさ子のやつボケよったか?

 

しかも最近ふさ子の部屋で寝かされるのじゃ。

ふさ子は寝相が悪く、よく布団がベッドから落ちておる。

風邪をひきはしないか、ふさ子がベッドから落ちないか、どうも心配で安眠できん。

昔のように一人で寝たいのぉ・・・。

 

そしてワシは車というものが好かんのに、通院には車を使わんといかんらしくての。

まったく、車を発明したやつを噛んでやりたいわい。

それにふさ子の運転は荒っぽくて、いつも寿命が縮まる思いじゃ。

早く元気にならねばのぉ・・・。

 

今日は、大旦那さまはこんな事思ってるんじゃないか?と妄想してみました。

おそらく8割がた、当たってる気がします(・m・*)

 

ポチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 当たってるかも!と思われたかた、どうかポチっとお願いします(^人^) 

 

Nov 18, 2006
愛しい温度計

1163847792782017.jpgすっかり温度計と仲良しの大旦那さま。

 

毎日のように愚痴を聞いてもらってます。

 

羽繕いする時はわざわざ止まり木から下りて温度計の前まで行きます。

 

たまに温度計の羽繕いもしてあげてます。

 

「温度計よ、ワシの気持ちを分かってくれるのはお前だけじゃ。」

 

大旦那さま、老いらくの恋ですか?

 

そんなにラブラブな大旦那さまと温度計ですが、さっき温度計を見たら何と20度になっていました。

 

ギャーーー!何でぇ!?

 

病院でもらった注意書きに、「カゴ内は30度を下回らないように」って書いてあったのに!

出る前見た時は30度だったのに、いつから20度だったんだろう?

外出なんかするんじゃなかった!

 

ヒーターはいつもの位置だったのですが、今日は外が寒いし、暖まらなかったのでしょうか?

慌ててヒーターをカゴの近くに寄せたのですが、すると温度計は20度のまま、今度は大旦那さまが羽を広げて、ものすごく暑がり始めました。

見ると温度計は温度計とは思えない針の動きでぐんぐん上昇し、なんと35度に。

 

・・・温度計、壊れた?

 

大旦那さまが突っついたり、う○こひっかけたりするから、温度計さんご機嫌斜めになったじゃないですか。

大旦那さまはあれですか?

好きな子には意地悪するタイプですか?

 

バカな事言ってないで、前に使ってた温度計探さねば・・・。

 

プチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しています。

 温度管理うちも大変よ〜って方は、ぜひプチっとお願いします

 

Nov 17, 2006
信頼できるお医者さん

昨日のブログで偉そうに、「明るく元気で前向きに」と看病のモットーを語りまくった私ですが、本来とてもマイナス思考です。

そんな私がなぜポジティブシンキングになれたかというと、セカンドオピニオンで診ていただいた先生のおかげが大きいと思います。

 

今までは犬猫メインで「鳥も診れます」という所ばかりに連れて行ってたのですが、今回の先生は「鳥が診れます」という先生で、やっぱり全然違いました。

 

検査も触診も、すごく手際が良いんです。とても驚きました。

そのう液取るのもあっという間に終わって、鳥の負担がすごく少ないだろうなという事が見てて分かりました。

先生もスタッフの方もすごくテキパキされてて、そしてすごく優しいんです。

 

羽を広げられたり、口の中を見られたり、聴診器をあてられたり、がっちり保定され、されるがままの大旦那さま。

その姿を見てたら、この先生なら大丈夫だという安心と、もっと早くに連れてくれば良かったとの後悔で、自然に泣けてきました。

 

三十路目前の、身長170僂梁臀(前の会社でのあだなは「ジャイ子」)な私が、ボロボロ泣きました。

 

そんなみっともない私にも、「しんどそうにしてるのに、こんな診察してるの見るの辛いですよね」と、優しい言葉をかけてくださいました(T△T)

本当にすみませんでした

 

1163767683104661.jpg

一通りの診察が終わると、このように紙に書きながら、丁寧に説明してくださいました。(この写真、分かりにくいですね

薬袋の裏にまで、細かく注意書きを書いてくださいました。 

涙と鼻水を流しながら、しっかり聞いて帰りました。

 

実は今までかかりつけにしていた病院の先生に、今回「え?」と思うような事を言われ、信頼してただけにすごくショックでした。

 

でも結果的にそれもセカンドオピニオンを受けるきっかけになったわけだし、今では良かったと思っています。

 

来週末、また検査に行ってきます。

山陽道を広島方面から岡山方面に爆走している赤い車を見かけたら、「あ、ふさ子だ」と思って、ニヤリとしてください。

 

  

ポチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 事故するなよ!のクリックお願いします

 

 

Nov 16, 2006
アラビアのことわざ

1163677326784614.jpg今日も嫌がらずに、パウダーフード入りのご飯を食べてくれる大旦那さま。

 

ご立派でございますよ(´∀`人)

 

新たな闘病生活が始まったわけですが、今回私の看病におけるモットーは、「明るく元気で前向きに」です。

 

10月末に体調を崩した時は本当に落ち込んでしまい、看病の時も「大丈夫?」とか、「もっと食べて」とか、「お願いだから元気になって」とか、ネガティブな言葉ばかりかけてしまっていました。

 

でもアラビアに、「インコは心の鏡」ということわざがある事を思い出し、考えさせられるものがありました。

 

昔王侯貴族の間でインコが好まれて飼われていた頃、使用人やお客はまずインコを見て、飼い主である貴族様のご機嫌を確認していたそうです。

 

それぐらいインコは賢く、人間の心に敏感な動物だという事を改めて考え、こちらが心配ばかりしていては、良くなるものも良くならないと思いました。

 

反省したら、あとは実行のみです。

 

食べる量が少なくても、「パウダーフードを嫌がらずに食べるなんて、本当に大旦那さまはすごいですね!」とか、投薬を嫌がっても、「嫌がるだなんて、大旦那さま元気になってますね!」とか、若干能天気とも言える言葉を笑顔でかけるようにしています。

これが良いのかどうかは分かりませんが。。。

 

もちろん不安や心配はありますが、大旦那さまに接する時は、「明るく元気で前向きに」頑張ります(⌒▽⌒)

 

プチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しています。

 プチリとしてくださると、もっとテンションが上がります 

 

Nov 15, 2006
闘病生活初日

肺炎と診断された大旦那さま。

治療の一環として、食べて太る事も重要だと言われました。

前回体調を崩して食べる量が減っていたため、今痩せて体力も免疫力も落ちているとの事。

 

なので直接投与の飲み薬3種類と、飲み水に混ぜる薬が1種類、そして、消化吸収を助けて腸内の善玉菌を増やす、病鳥用のパウダーフードが処方されました。

 

直接投与の飲み薬は今までも経験があるので問題ないですが、パウダーフードと飲み水に混ぜる薬は今回初めてです。

 

パウダーフードはシードに混ぜてくださいと言われましたが、シードだけに慣れている子は嫌がる事があるそうです。

 

割と神経質な大旦那さま。

パウダーフードを嫌がらないか、色の付いた水を飲んでくれるか、それが最初の課題でした。

 

が、心配は見事に心配だけで終わり、気にする事なくエサも食べ、水も飲んでくれています。

 

なんて飼い主孝行な大旦那さま(´;ω;`)

 

今日は食欲有り、鳴く元気あり、便異常無し、です。

 

1163592522712748.jpg

温度計に向かって、ぴよぴよと愚痴をもらす大旦那さま。

 

2ヶ月前100均で見つけた温度計ですが、小さくカゴ内に入れられるので、とても便利です(´∀`*)

 

あまり興味を示してなかったのに、今日は話し相手になっているようです。

 

「温度計よ、ワシも年には勝てんのぉ。」

 

なんて言ってたりして。

 

たくさん食べてむっちりボディになって、いっぱい体力つけましょうね(*´v`*)

 

 

 

 

 

ポチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しています。

 たくさん食べてね♪のクリックお願いします

 

 

Nov 14, 2006
セカンド・オピニオン

今朝の大旦那さまは、いつもより食欲がありませんでした。

 

取り合えず保温温度を上げて昼まで様子を見てたのですが、やはりあまり食べていません。

かろうじて抱っこは嫌がりますが、昨日までの元気が見られません。

もしや、腎疾患系が出てしまったのでしょうか?

腎疾患の可能性を言われた時から、これからずっと付き合わなくてはならない病気だろうと覚悟していました。

 

それならば一度別の先生に診てもらって、ご意見を伺いたい。

セカンドオピニオンも聞いてみたい。

そう思っていました。

 

幸い岡山県に、とても評判の良い先生がいらっしゃいます。

鳥を診てくれる先生で検索したら、必ず良い評判で出てきます。

小動物系では、中国地方一だと言われている方もいます。

以前からとても気になっていました。

今日お昼から、早速行ってきました。

 

うちから高速飛ばせば約1時間ちょっと。

すいてれば一般道でも、2時間ぐらいの所でした。

こんなに近いんなら、もっと早くに来れば良かった・・・。

 

先生にこれまでの経緯を説明すると、とても丁寧に診てくださいました。

 

そして診察の結果は、「肺炎」。

 

驚きました。とても驚きました。思っても無かった病名です。

 

腎臓疾患は年齢から言ってあってもおかしくないけど、今日の便には症状が出ていなかったそうです。

 

それに血液検査をしないと腎臓疾患の判断は出来ないとの事で、肺炎を起こしている大旦那さまから血液採取は出来ないとの事でした。

 

肺炎になったと推測される経緯や、今後の治療方針、気を付ける点等をとても優しく丁寧に説明してくださり、すごく勉強になりました。

 

さすが、口コミで良い評判の先生だけあると思いました。

 

2週間は絶対安静だそうです。

 

1163504347866435.jpg

←家に帰って、安静に羽繕いする大旦那さま。

 

今回せめてもの救いは、少し食欲がある事と、床にへばりついてない事です。

 

診察の最後に、

「人間で言うと、百歳過ぎてますからね。でも私はこれくらいの年でも元気になってもっと長生きした鳥を知ってますよ。だからこの子も頑張りましょうね。」

と、言ってくださいました。

 

そして、

「良くなったら、徐々にでもペレットにしましょうね」

とも・・・。

 

しばらくはこのブログも、闘病日記になるかもしれません(´▽`;)

でもあれこれ悩まず、完治目指して大旦那さまと頑張ります!

 

プチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しています。

 頑張れの一票お願いしますm(_ _)m

 

Nov 13, 2006
怒ってますか?

元気になってきて抱っこを拒否するようになった大旦那さまですが、昨日からカキカキも拒否するようになりました(T△T)

 

投薬のため捕まえると、「んぎゃー!んぎゃー!」と、すごい声を出すようになりました。

 

本来の、触られるのが大嫌いな大旦那さまに戻ってるようです。

 

良かった、良かった。

 

嫌われるような事ばかりしてたので、人間嫌いになるかもと心配してたのですが、カゴから出たら人間の近くに来ます。

 

1163411166467248.jpg

今日も私が近くに行ったらエサ箱の所に来て、外に出してほしそうな格好をしてました。

 

可愛いなぁと思いパチリと写したら、こんな顔してました(´ι _` ; )

 

「ワシがしんどくて抵抗出来ない時に触りまくりやがって・・・。しかも顔がガビガビになる(こちら側はマシですが反対側はすごい事になってます)、けったいな飲み物、ムリヤリ飲ませやがって・・・。元気になったら覚えとけよ

 

うわーっ!

 

ごめんなさい、大旦那さま!

 

完全復活の後が恐ろしい・・・(-∀-;)

 

   

ポチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しています。

 大旦那さま怒らないで!と思われた方はぜひポチリと

 

Nov 12, 2006
和歌山県潮岬

1163322973860354.jpg和歌山のおばあちゃんから、毎年恒例のサイパン芋が送られてきました。

 

写真では分かりにくいですが、中がピンク色の小さなお芋です。

ピンクに見えるのは芋の蜜で、とても甘くて美味しいです

 

おばあちゃん、いつもありがとー(人´v`*)

 

広島では見かけないから、和歌山のご当地食材なんですかね?

「サイパン芋」もきっと、正式名称じゃないですよね?

どなたかご存知の方、いらっしゃいますか?

 

 

 

1163322955259448.jpg

大旦那さまにも、少しだけおすそ分け。

 

美味しいですか?

 

お母さんの実家があるのは、和歌山県潮岬という、台風中継でお馴染みの本州最南端の所です。

 

うちから高速飛ばして約6時間。

 

大旦那さまにとっても私たち家族にとっても、大イベント。

 

今年のお正月は大旦那さまも一緒に行きました。

 

車の大嫌いな大旦那さま、お疲れ様でした。

 

しかも着いた途端、「おいよ〜、この鳥まだ生きとったんか〜」と、おばあちゃんに手荒い歓迎の言葉を受けました。

 

でも着いてしまえば楽園なんですよね、大旦那さまにとっては。

 

南向きの縁側は、ガラス戸を閉めてしまえば冬でも温室状態の25度。

それに毎朝おばあちゃんが畑の野菜や、山から食べれる野草を取ってきて食べさせてくれるんです。

お魚も新鮮だし、温泉も近くにあって、私にとっても楽園(´・`*)

 

今年も行きたいけど、大旦那さまの体調を考えると無理かなぁ?( ̄ω ̄;)

車にすごくストレスを感じてるみたいなんですけど、どなたかストレスなく車に乗ってもらう方法、ご存知の方いらっしゃいますか?

色々試してみたんですけど、これ!というものが無くて。。。

よろしければ、ぜひ教えてくださいませm(;ω;m)

 

プチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加してます。

 お芋美味しそう♪と思われたかたは、ぜひプチっと

 

Nov 11, 2006
結構やるよ

最近投薬の後は、無理にカゴに帰さず好きにしてもらってます。

 

昨日はカゴに帰りたくなかったようで、カゴの上でしばらくぼーっとしてました。

それを少し離れた所から見ていたのですが、突然こちらに飛んで来ました。

そして私の眼鏡に着地。

 

おそらく頭に止まりたかったのでしょうが、目測を誤ったのか、飛ぶ力がまだ戻っていないかで失敗したようです。

 

しょうがないですよ大旦那さま。

まだ本調子じゃないんだし、ゆっくり練習したらいいじゃないですか。

顔面の眼鏡にへばり付く大旦那さまを引っぺがして、またカゴの上にお連れしました。

 

するとまたバサバサと飛んで・・・、

 

1163208654489476.jpg

今度はカーテンレールの上に!!!

 

ひーっっ!Σ(゜Д゜ノ)ノ

無茶しないでください!!

 

「ワシってすごくない?」

 

すごい、すごいから、まだあまりヒーター近くから離れないでください!!!

 

すぐカゴの上に戻したんですが、また飛んで行ってしまいました。

この写真は2回目に飛んで行った時のものです。

 

いつの間にこんな飛べるようになってたのでしょう・・・。

 

眼鏡に止まったのも、失敗したわけじゃなかったのでしょうか? 

 

小さな動物は悪くなるのも良くなるのも早いと言いますが、本当にその通りだと実感しました。

 

でも真正面から見た大旦那さまのお顔、赤ちゃんご飯を食べて口周りがガビガビになったヒナ鳥のよう( *´艸`)

 

 

プチリとm(・ω・)m

←ランキングに参加しています。

 クリックしてくださったら、大旦那さまも大喜びです

 

Nov 10, 2006
至福のひと時

1163149520659283.jpg体調を崩す、2〜3日前の大旦那さまです。

 

珍しく毛づくろいをしていたので、可愛いなぁと思いパチリと写しました。

 

トゲトゲがご立派です。

 

でも・・・、でも、今は無いのです(-∀-)

 

なでなでカキカキし放題の今、このふさ子めが全部ほぐしてやったのです!

 

大旦那さまの筆毛をほぐすなんて雛鳥の時以来、約12年ぶり

 

かなり幸せでした・・・。

 

とても幸せでした・・・(≧艸≦)

 

筆毛がパカパカ割れるたび綺麗な毛がふさふさ出てきて、あぁ大旦那さまは元気に頑張ってくれてるんだなぁと、感動さえしました。

 

元気になってもなでなでさせてくれたらいいのにな(´∀`人)

 

 

ポチっとm(・ω・)m

←ランキングに参加しております。

 カチっとしてくださったら、テンションが上がります 

 

 

Nov 09, 2006
ΣΣ(゚д゚lll)

1163061181807347.jpg今日、ブランコに乗ってました。 

 

少し前まで床から動けなかったのに。

 

大旦那さまの生命力は一体どうなってるんでしょう

(;゚_ゝ゚) 

 

唐突ですが、「動物のお医者さん」という漫画、ご存知の方も多いと思います。

 

その漫画に「ひよちゃん」というとても凶暴なニワトリさんが出てくるのですが、ひよちゃんが風邪を引いて弱ってしまうお話があります。 

 

もうダメかとみんなが心配する中、ひよちゃんは黙っていきなり全快して、元の凶暴なニワトリさんに戻ってしまいます。 

 

 

うちのインコは今、そんな感じです・・・。 

 

さすがにひよちゃんほど凄まじい回復力ではありませんが、凶暴さはかなり戻ってきました。 

 

まだかろうじてカキカキはさせてくれるので本調子ではない事が分かりますが、油断してたらガブリときます。 

 

少し元気を取り戻したひよちゃんを見て、いつも噛まれたり蹴られたりしている主人公の友達が、「今のうちにさわっとこう」と言ってる場面があるのですが、うちも今そんな感じです。                    

 

 

ポチリとm(・ω・)m←もうすぐ全快!?ポツリと応援お願いしますm(●´C_`●)m

 

Nov 08, 2006
仏のご利益

1162976562988348.jpg大旦那さまですが、日に日に元気になってます。

 

足で粟穂踏んづけて食べてるの、分かりますでしょうか?

 

まだ止まり木も低い位置にしてるし、粟穂も床に転がしてるんですが、そろそろ戻しても大丈夫な感じになってきました。

 

頑張りましたねぇ、大旦那さま。

 

とても12歳とは思えません。

 

素晴らしい生命力です。

 

もっともっと頑張って、一緒にギネスを狙いましょう!

 

余談ですがパセリを食べた結果、口内炎は驚くほど小さくなりましたが、吹き出物はまだ残ってます(T△T)

 

 

1162976583663371.jpg

さて、大旦那さまが投薬で外出中にちょっと失礼して、カゴの入り口を写しました。

 

吊り下げてあるのは、広島県尾道市にある「千光寺」というお寺の、「願いかないたまご」というお守りです。

 

このたまご、中に願い事を書いた紙を入れるようになってます。

 

以前千光寺に行った時お守り売り場の人に、「これ、すごくご利益ありますよ。先日も大阪の人が願いが叶ったとかで、職場の人にも配るからって、10個も買っていかれたんですよ」と言われ、何となく買ったものでした。

 

その時は特にお願い事もなかったのでお願い事が出来た時のためにとっておいたのですが、やっと出番がやってまいりました。

 

体調を崩してすぐ、「大旦那さまの病気が早く良くなって、元気に長生きしますように」と紙に書いて、カゴに吊り下げておきました。

 

人間、最後は神頼みですよね(*_ _)人

 

こうしてもりもり回復している大旦那さまを見ると、仏のご利益もあったに違いないと思ってしまいます。

 

決して千光寺さんの回し者ではないですが、千光寺はとても良い所です。

 

境内からは尾道市が一望出来てとても良い眺めですし、お近くにお越しの際は、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

 

千光寺→http://www.senkouji.jp/

 

  ランキングに参加してみました。

  元気になってる大旦那さまを、ポチっと応援お願いしますm(*-ω-)m

 

プチっとm(・ω・)m
Nov 07, 2006
今日は・・・

今日はボレー粉入れから降りて、床で眠っていました。

 

また具合が悪くなったのかと心配して手を差し出してみました。

 

すると2、3度足を出したり引っ込めたりして躊躇しながら、最後に「ぷぎゅわ〜」と、すごく不機嫌そうな声を出して手に乗ってきました。

 

まるで、「えー、これに乗るの〜?マジ、ちょー嫌なんだけど」って、小生意気な若者に言われた感じでした。

 

1162889393533829.jpg

鼻毛ついてるくせに・・・。

 

鼻の上のほわほわ毛、分かりますかね?

 

気になってしょうがないです。

 

手に乗るとするすると外に出て、カゴの上に自力で登って行きました。

 

しばらくここでうとうとしたり顔をこすり付けたりしていましたが、あまり体力を使わせないようカゴに強制送還しました。

 

強制送還された後は粟穂とエサ箱のエサを食べ、またボレー粉入れによじ登って寝ていました。

 

段々食欲も出てきたらしく、青菜も今日はかじっていました。

 

 

さて、病院で異常が見つからず安心した私ですが、ほっとした途端、顔中吹き出物が出来てしまいました(;゚;Д;゚;;)

 

疲れやストレスを感じると肌トラブルを起こしやすいのですが、今回はすさまじいです。サプリ飲んでたのに・・・。

 

しかもでっかい口内炎まで出来て、見た目どちらが病人か分からなくなりました(;-_ゝ-)

 

心配した母が、「これ食べなさい」と、お茶碗山盛りのパセリを差し出してきました。

 

お母さん、どうせならリンゴとかミカンとか栄養ドリンクとか・・・。

 

母が強く勧めるので仕方なく食べましたが、とても不味かったです。

まぁ、パセリで治るなら安いもんですよね・・・。(治ればですが)

 

大旦那さまにもおすそ分けしましたが、無視されました。

 

パセリは体に良いんですよ〜。一緒に食べましょうよ〜(´;ω;`)

Nov 06, 2006
行ってきました!

今日病院へ行ってきました。

 

検査の結果、何も異常は見つかりませんでした!

ご心配をおかけした皆様、本当にありがとうございましたm(;∇;)m

 

前回便の検査で出ていた腎疾患の時見られる異常も、今回は見つかりませんでした。

腎疾患の症状が投薬でいったん治まったのか、もしくは多尿でたまたま便にそういう症状が出ていたのかだろうとの事です。

どちらにせよ、今回は何ともないと聞いてほっとしました。

 

一番心配だった精巣腫瘍も、1週間経ってろう膜に何の変化もないし、止まり木にもちゃんと止まれるようになっているので、ほぼ大丈夫だろうとの事でした。

 

食べる量が減ったので少し痩せましたが、病的な痩せ方ではないので大丈夫と言われました。

 

まだ投薬も栄養剤も続けないといけませんが、「1週間前に比べると随分良くなりましたね」と先生も喜んでくれました。

本当に嬉しかったです(PД`q。)

診察室の中で踊りだしたい気持ちになりました。

 

1162807641624184.jpg大旦那さま、良かったですね。

 

まだ食べる量も戻ってないし、寝ている事が多いですが、すごく頑張ってくれたんだと思います。

 

そしてこの場所が気に入ったのか、昨日からほぼここで寝ています。

 

薬でガビガビになった顔が良く分かりますね。

 

せっかくの男前が台無しですよ。

 

早くお薬卒業しましょうね!

Nov 05, 2006
徐々にですが・・・

エサ箱からエサを食べるようになって、元気だった頃の俺様な、ジャ○アン的な大旦那さまに少しずつ戻ってきています。

 

今まで自分からせがんでいた抱っこも、拒否するようになりました。

 

投薬のためカゴに手を突っ込むと、ガブリと噛み付いてきました。

 

カゴの隅っこで寝てる事が多かったので、すぐ食べれるよう粟穂も床に転がしておいたのですが、今日は粟穂が動かないように足で踏んづけて食べてました。

 

エサ箱の方も、だいぶカラが増えています。

 

1162729433312600.jpg

 

菜っ葉入れや止まり木も床近くに移動させていたのですが、今日は何故か高い位置にある塩土・ボレー粉入れに止まって寝ていました。

 

固形塩土を床に置いたので元の位置のまま動かさなかったのですが、いつもの塩土が良かったのでしょうか?

 

そして頑張って上ったけど、もしや下に下りれなくなったのでしょうか?

 

心配して手を差し出してみたら、噛まれました。

 

どうやら好きでここにいるみたいです。

 

かなり寝にくそうですが、そっと見守る事にします。

 

 

私以上に大旦那さまを暖かく見守ってくれている電気ヒーターさんですが、ほぼ5日もフル稼働だったので今日はお休みしてもらいました。

 

ピンチヒッターで物置に眠っていたかなり昔の電気ヒーターさんに出動してもらったのですが、写真のようにめちゃめちゃ明るくて私も大旦那さまもビックリしました。

 

情熱的な眼差しの古いヒーターさんですが意外にも暖かさはマイルドで、私も大旦那さまもすぐに気に入りました。

 

ヒーターさん達、これからも頼りにしてます。

 

明日はまた病院です。

大旦那さま、頑張りましょうね。

 

でも家族だけではなく、このブログにお越しくださる方にまで見守られてる大旦那さま、本当にありがたいですね。

 

早く元気になって、みなさんのところにお礼に行きましょうね!

Nov 04, 2006
少し元気になりました!

昨日の朝、少し粟穂を食べた大旦那さまですが、あれからまた食べ物を口にしました!

 

昨晩の事、私の手の中でうとうとしていた大旦那さまですが、突然我に返ったように手の中からもがき出て、カゴに戻って行きました。

 

驚いてただ呆然と見つめていると、粟穂をガツガツと食べ、ミカンも少し齧っていました。

 

今日は粟穂とエサ箱のシードも食べました。

 

今まではずっと床の隅で寝ていましたが、今日は止まり木に止まったり、エサ箱に止まったりして寝ています。

 

1162627220857793.jpg

薬でガビガビになった顔周りが気になるのか、写真のように色んなところに顔をこすり付けたりもしてました。

 

私が手を出すと弱々しいしいながらも、昔のように噛み付いてきました。

 

便はまだ水気が多く小さいですが、ちゃんと形のあるものをするようになりました。

 

部屋に入った時や部屋から出て行く時は、呼び鳴きもするようになりました。

 

食べる量もまだまだ少ないし、寝てる事のほうが多いですが、徐々に元気になってくれてるみたいです。

 

何にしてもエサ箱のエサを食べてくれた事で、すごく気分的に楽になりました。

 

まだまだ油断は出来ませんが、良くなっていると信じて頑張ります。

 

いつも応援してくださってる皆様、本当にありがとうございます!

皆様の暖かいコメントが、とても励みになっていますm(。≧Д≦。)m

それと、面白おかしいブログを目指していたのに、ご心配をおかけする結果になって本当に申し訳ありません・・・。

一日も早く楽しいブログに戻れるよう、これからも大旦那さまの看病頑張ります!

 

Nov 03, 2006
ご報告

大旦那さまが体調を崩して3日経ちましたが、少し変化が出てきました。

 

全くエサを食べていなかった大旦那さまですが、昨晩ふかしたおいもを2口食べてくれました。

今朝は粟穂を少し食べました。

そのおかげで、ほとんど水ばかりだった糞も、少し形のあるものをしました。

元気な時に比べたら全然食べる量は少ないですが、少しだけでも固形物を口にしてくれるようになって、徐々にですが良くなってきているのではと嬉しく思っています。

 

看病は私の部屋でしています。

投薬の時に捕まえると、そのまま手の中で眠ってしまいます。

でも時々目をあけて私の顔を見て、また眠るという事を繰り返します。

まるで私がちゃんと側にいるかを確認しているようです。

無駄な体力を使わせないためにもなるべく部屋に入らないようにしているのですが、やはり気になってちょくちょく覗いてしまいます。

全くダメな飼い主です。

 

肝心の病名ですが、「精巣腫瘍とそれに伴う腎不全」、もしくは「急性腎炎」の可能性が高いと言われました。

 

元々足が悪い大旦那さまは、小さい頃から少し右側に傾いた止まり方をしている事が多いのですが、今回特にその傾き方がひどく、もしかすると精巣腫瘍かもと言われました。

また、便の検査に、腎臓を患うと出る症状が出ていました。

10年前はその症状が出たら確実に腎臓疾患だと診断していたらしいのですが、最近では研究が進んで、その症状が出てても腎臓は悪くなかったという子もいるそうです。

それと精巣腫瘍になるとろう膜の色が変わるそうですが、それも今のところありません。

ただ、精巣腫瘍になると腫瘍が腎臓を圧迫して腎不全になる事が多いらしいです。

ろう膜も急に色が変わったりするらしいので、安心は出来ません。

週明け、また検査に行ってきます。

 

以前メスのインコを卵巣腫瘍で亡くしているため、精巣腫瘍と聞いてパニックになってしまいました。

先生の話は冷静に聞いてたつもりですが、もしかしたら聞き間違えている部分があるかもしれません。

何か誤解を招くような文章がありましたらご一報ください。

 

コメントをいただいてる皆様、本当にありがとうございます。

闘病中は自分よりも大旦那さまのほうが辛いんだから絶対に泣かないと決めていたのですが、皆様の暖かいコメントに思わず号泣してしまいました。

大旦那さまに早く元気になってもらって、一日も早く皆様のブログにお邪魔したいと思っています。