愛鳥との生活の中で嬉しい事・楽しい事、たまには大変な日も。そんな様子を紹介しています。

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
Shine wing


ホームページ
マル

オカメインコ(男の子)



オカメインコ(男の子)

マロン

オカメインコ(男の子)

アクア

オカメインコ(性別は不明)

マリン

オカメインコ(性別は不明)



ウズラ(男の子)

プリン

ウズラ(女の子)

ミルク

ウズラ(女の子)

ライム

コザクラインコ(男の子?)

チェリー

コザクラインコ(女の子)



コザクラインコ(不明)



セキセイインコ(男の子)

レン

セキセイインコ(男の子)

つなみ

サザナミインコ(不明)

クルミ

サザナミインコ(不明)

花梨

白文鳥(男の子)



白文鳥(不明)

ローリー

ズグロオトメインコ(男の子?)

アキ

コガネメキシコインコ(不明)

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




2008/04/29
首から出血・・・
1209474446991228.jpg

今日の画像は白ウズラの「ミルク」です。
画像からも分かると思いますが首から出血!!
このまま売られていました。

3歳過ぎたミルク。
次の心配は寿命・・・
♀は5年 ♂は7年
それでも5年生きた仔は少ない。

最近、卵を産まなくなったミルク。
明後日、健康診断に行って来ます。

ちょうど1年前
同じウズラのプリン♀が卵管腫瘍で亡くなっています。
良い報告が出来ますように!!
2008/04/28
温もりも知らずに・・・
1209382667363767.jpg

2年前のGWにこんな別れがありました。

今日の写真はお迎えしようと思っていた子です。
ボタンインコの雛^^
名前は「あんず」にしようと決めていましたv

前の日にペットショップで見かけたのですが
元気がなく足も弱い子で・・・
その時、お迎えを悩んで
家に帰ってからも悩んだり迷ったり>-<*
次の日お迎えしようと決心して出掛けました。

ケースの中で小さくうずくまっていましたよ。
近寄ってみると立ってくれたのです。
「わぁー元気になったね」と喜んでいたのですが
その後・・・
お星様になりました。

お迎え出来なくて「ごめんネッ」
・・・あんず・・・


でもネッ^^
最後の瞬間は
私の手の中で静かに息を・・・

小さな亡骸は家のお庭に・・・


だから「あんず」は私の家族だよ^^

人の温もりも優しさも知らずに・・・
2008/04/27
もう一度会いたい☆+;*
1209295022246914.jpg


〜ありがとう「桜」〜

ペットショップの大きなケージの中に1羽残されていた「桜」。
ピョンピョン飛び跳ねていたネッ。
1代目「桜」の生まれ変わりのような気がして・・・

でも家に来たときから腫瘍が・・・ 可哀そうな「桜」。
3軒の病院で診て貰っても原因が判らなくて(泣

治してあげられなくてごめんね(涙
半年しか生きられなくて・・・

「桜」に出会えて良かったよ。
忘れられない思い出がいっぱいです。

一番の思い出は
腫瘍が見つかり 病院で これからのこと
(今なら返品した方が良いって)
お店の方でも「いつでも返品OK」って言われました。

一晩でも一緒に過ごした「桜」とお別れなんて出来ない。


腫瘍が治らないまま天国に・・(涙
ごめんね・・・桜。

私の家族になって幸せだった??
お店に居た方が良かった??

私は「桜」と出会えて 幸せ でした。

〜ありがとう〜

大切な命を守ってあげられなくて ごめんなさい。

また 
あなたに会いたいです。

大好きな「桜」へ
  なつみ
2008/04/26
返品なんて出来ない(涙
1209208783228228.jpg

今日は桜文鳥「桜」のお話です。

お迎えした翌日に異物を見つけて・・・
腫瘍らしきものは1センチの大きさなんです。
でも病名はもっと検査が必要!!
ヒナの桜には危険な検査なので出来なくて・・・
脳症かもしれないし・・・最悪の場合は悪性の・・・
エコーで調べて頂きましたが細胞までは分からないのです。
今は薬を飲んで様子を見ることになりました。

周りから「返品」を勧められて
お店の人も「買っていただいた直ぐなので返品できます」って。
返品するのは簡単。
でもきっと後悔すると思います。
私が最後まで育てたいと。

一晩過ごした桜は大切な家族なんです。

「鳥専門の動物病院じゃないと信用できない」ってペットショップの人が言ってました。
私の住んでる所は鳥専門病院は確かにありません。
それでもネットで調べて鳥を診れる病院にお世話になっています。
その言い分にはちょっと・・・

2008/04/23
ズグロオトメ・・吃驚!!
1208944690034452.jpg

性別不明でしたがある日、突然の判明!!

一番吃驚したのはズグロオトメのローリー。

いつもひょうきんの塊でお笑鳥で顔も男っぽい!!
そのローリーが初産卵!!!!!
信じられなかったです;
でも難産で大変そうでした^^;
ケージの餌入れの中にずっと顔を突っ込んでたり叫び声で苦しい様子が伝わって来ました。
まさか産卵だとは思わないのでパニックになりますよね。
具合・・・悪いの?オロオロ・・

でも数時間後には卵を食べてしまいました;
卵の大きさも吃驚!!
同じ日にコザクラインコ「柚」も卵を産んだので比べてみたら2・5〜3倍の大きさでした。
2008/04/21
開口呼吸
1208771382471651.jpg


今日の画像はオカメインコ長男「マル」
4月26日にお迎え3周年を迎えます。

お迎えしてすぐに夜になると苦しそうな呼吸が聞こえてきました。

〜上部気道疾患の副鼻腔炎〜

「病状」
顔面腫脹・眼球突出・くしゃみ
夜中にズーズー音
元気食欲減退・眼周囲膿瘍形成
咳・開口呼吸・結膜腫脹・耳漏
 などがみられます。

マルの場合は
元気食欲減退・くしゃみ・夜中にズーズー音
開口呼吸を患ってました。
2008/04/20
コガネメキシコインコ
1208686641234734.jpg

動物病院に行って来ました。
コガネメキシコインコの「アキ」・・・爪切り

大きな嘴と大きな鳴き声(かなり大音量)
噛み付かれたら大変だろうなぁ〜とハラハラ・ドキドキ。
でもさすが獣医さんv
慣れていらっしゃいますね^^

手術室に連れて行かれた「アキ」
遠くから心配で見ていたのですが
静かだし、チラッとアキの顔が見えたとき
何やら変!!
宇宙人のような感じに見えたのです。

爪切りが終わり診察室に戻って来たアキを見て笑ってしまいました^^
小児用の水薬の容器!!
底の部分をカットしてアキの頭にスポッと被せてありました♪
あれなら噛まれないですよねv
2008/04/19
卵管腫瘍
1208599022479193.jpg

先日4月16日
本当でしたら3歳の誕生日を迎えた「プリン」
コンパニオンバード7の51Pに「意外に多いケガと事故」
という章があります。

そして少しページを捲った54pに「総排泄孔からの脱出物」と言う「病気のサイン」についての説明・紹介が書かれています。

実はプリンが卵管炎・卵管腫瘍で闘病・投薬を続ける前
プリンの排泄物の中に白っぽい、少し血液が混じった小さな塊
があるのを見つけました。
少し前にお腹の調子が悪く下痢気味だったので
(近くの病院でお薬を処方して貰い、落ち着きましたが)
何か下痢と関連しているのかな?と気になり
いつもお世話になっている病院に写真と質問を書いて
メールを送りました。
院長先生のお話によるとその塊は【卵管の一部】だそうで
「過去にも一度卵管の一部が取れた子がいたけれどその子は大丈夫でした。でももし具合が悪くなるようでしたら連れて来てください」
と言われ、取り合えず元気も食欲もあったので様子を見る事にしました。
そしてそれから数日後、プリンのお尻から赤い物
がぶら下がっているのを見つけ、自然に引っ込んでくれる
事を信じて少し様子を見ていました。
数分後、なんとか自然に引っ込んでくれて
再度排泄される事は無かったんですね。
しかし段々プリンの様子がおかしくなった(体を膨らませている)ので
(卵管が取れた事も赤い物が排泄された事も気になったので)
病院に行く事にしたんです。
説明を一通り終えると「赤い物は恐らく卵管でしょうね」
と説明して下さり、レントゲンやエコーなどを掛けて
卵管炎・卵管腫瘍の可能性が高い事が分かりました。

我が家にはまだミルクやチェリーやマリンに柚、卵を産む女の子がいるので、プリンが残してくれた事(経験や体験)を無駄にしないよう、気をつけて行きたいと思っています。
2008/04/18
未公開の・・・
1208517268537687.jpg

まだ横のプロフィールに載せていない鳥さんの紹介です。
桜文鳥の「雫」
シナモン文鳥の「宇宙」
もうすぐ1歳ですv

白文鳥2羽・桜文鳥1羽・シナモン1羽・シルバー1羽
の合計5羽!!
オカメインコも5羽です。

オカメインコの放鳥タイムに比べると楽ですよ〜。
自分達で遊んでくれますし肩に乗って来ても重くないですし。
ただ小さい体なので迷子にならないように目が離せません;

雫と宇宙だけは同じケージで同居!!
後は全員別々のケージですー。
その数21個!!
2008/04/17
謎の擬似行動
1208425093710849.jpg

コザクラインコの性別は難しいです;
擬似行動!!
コザクラインコは3羽いますがいつも騙されて・・・
チェリーにも騙された経験がありますが今度は柚!!
チェリーのダーリンだと思っていたら初産卵v
しかも同じ日に卵を産みました。
あの行動は何だったのだろう?
でも2羽供、素材集めの名人です。
部屋のカレンダー・ポスターはビリビリ;

今日の画像は柚とマロン!
必死に登った後のマロンはいったいどうなったでしょう?
2008/04/16
ドッキドキのお迎え〜♪
1208339946171520.jpg

今日の画像はオカメインコ三男「マロン」です。
本日、お迎え2周年♪

マロンのお迎えは通販でした。
多分、最初で最後の通販お迎えになるでしょう。

顔も見たことがない鳥さんをお迎えするのはドキドキでした。
宅急便で届くまでドキドキハラハラ;
まずは息の確認でしたよ〜。
一晩たった一人で段ボールの中で過ごすと聞いて心配でした。

どうして通販にしたのか?
私の住んでる所にはオカメインコの雛が居なくて;
少し前までは地元のキク○イさんでも生体販売をされていましたが閉店されて購入が難しくなって来ました。

今月は22羽中、8羽のお迎え記念日があります。
プレゼントに金欠病;
2008/04/15
オウム病〜終〜
1208253226717569.jpg

オウム病!!
まさか自分の身に起きるとは思わなかったです;
母・私がオウム病と診断されて
次はどこから感染したか!!

まずは我が家の鳥さんが疑われました。
獣医さん(2件の動物病院)・保健所・岐阜大学病院・私の掛かり付けのドクター。
みんなで相談して進めて行きました。

金銭的の問題も発生しました。
検査は高額なお金も必要ですし。数羽の検査が終わり疑いはなかったです。
まだまだ10羽以上の検査が残っているとき、お世話になっている獣医さんが「まずは中止しても良いよ。鳥から感染したとは断言できないし。」
あれから発病もなし。愛鳥も元気に暮らしています。


一番辛かったのは愛鳥との接触を禁止されたことです。
お世話もできない;今までのようにふれ合うことも。
許されたのは遠くからこっそり様子を見ることだけで;

その気持ちは愛鳥も同じでした。
接触禁止から一週間・・・愛鳥の体重が減ってしまいました。

もう一つ辛かったのは「鳥を手放せ」って言われたこと。
中には「逃がしたら」という声も。

暫くサイトもブログも休止しました。
「打倒!!オウム病」と宣言して皆様の前から消えました。
〜みんな元気に帰って来ますね〜と告げて。

2ヵ月後、みんな元気に帰って来ました!!
誰も命を落とすことなく「ただいま」v

最後まで読んでくださって有難うございました。
他人事だと思っていたオウム病!!
色々と勉強になりました。
画像は甘えん坊のオカメインコ長男「マル」
誰よりも体重の減少が激しくて一時重症に。
ごめんね。これからは一緒だよ。
2008/04/14
オウム病事件
1208167077759867.jpg

下の記事の続きです。

風邪からの高熱だと思っていましたが一向に回復の見込みなし。

ドクターに「鳥15羽と暮らしています。もしかしてオウム病では?」と伝え血液検査を。

簡単な検査でも異常が見つかりましたがハッキリ判明するのは一週間先でした。

毎年、数例しか出ていないオウム病ですからドクターも困っているのかもしれません。
オウム病でしたらテトラサイクリン系の抗生物質で熱が下がるからそこで、だいたいの判断は解ると思いますが。
マイコプラズマとクラミジアの判断はつきにくいみたいです。
すぐに抗生剤を開始。
徐々に熱が下がり始めました。

検査の結果が分かるころ

今度は母も40度の高熱!!
母も感染してしまったのです。

母は投薬と点滴開始。
薬の副作用が強かったです;

その頃、体調を崩していた愛鳥は3羽。
生後2ヵ月未満のコザクラインコ「チェリー」
オカメインコ「マル」「夢」

お迎えして1ヵ月のチェリーがオウム病を疑われていました。
母の熱を下がるのを待って
チェリーのオウム病検査が始まりました。

長くなりそうなので今日はこの辺で投稿します。
画像はお迎え日に写したチェリーです。
2008/04/13
我が家でオウム病に・・
1208070190033415.jpg

私がオウム病と診断されて もうすぐ2年になります。

発病について
・突然の激しい寒気の後、高熱が出ました。
風邪だろうと思い病院に行き薬を頂き帰宅。
3日経過しても熱は下がらず再び病院に。
薬を変えていただき様子を見ることになりました。

高熱から1週間が経過しましたが熱は下がりませんでした。

どうしてだろう?と悩みながら その当時のブログにその事を載せた所

一人の方から
「オウム病という可能性があるかも」というコメントを頂きました。
正直、吃驚!!
思いもよらない「オウム病」という言葉。
その反面、「あっ・・・そうなんだ」そういう可能性も・・と気付きました!!
それならいくら風邪薬を飲んでも効果ないですね。

その当時、15羽と暮らしていました。

そして病院へ!!
余り時間がないので今日はこの辺でー。

本日の画像はコザクラインコの「チェリー」
オウム病を一番疑われていました。
2008/04/12
卵詰りで入院騒ぎ〜
1207994006977419.jpg

オカメインコは5羽居ます。
♂4羽  ♀1羽

長男から三男までずっと男の子でしたので4羽目と5羽目を同時にお迎えする時もドキドキでした。
女の子が欲しくてv

念願の女の子「マリン」が初産卵!!
2個目までは自力で産みましたが3個目がちょっと大きめの卵でしたので入院;

心配でお見舞いに行き、家に着いた直後に「産まれましたよ」と、病院から連絡が入りました。
急いで引き返し;

お見舞いに行く前は寂しくて泣いているだろうか・・・と心配していましたが「頑張ってるから大丈夫だよ。心配しないでね」という様子でした。
それでも家の玄関に着いた時は、嬉しそうにホッとしたように鳴いていました。
本当は寂しくて不安でいっぱいだったのね。

追記*
本当はコメントの受付けを以前のようにしたいのですが学業優先の為、お返事が遅くなったり出来ない日が多くなりますのでこのままで;
いつか余裕があるときにお返事・訪問もしたいと願っています。
2008/04/11
二晩だけでも忘れないよ☆
1207913246756983.jpg

今日の画像はシルバー文鳥の「優花」です。
本当はシルバー文鳥の♂♀が仲間入したのですが・・・
昨年のことを書きますね。

白文鳥発祥地、愛知県弥富市に行って来ました。

以前から訪れてみたかった「弥富文鳥組合出荷所」
生産者のお家にお邪魔させて頂きましたv

現在は弥富市で商売として文鳥を繁殖している家は最盛期の5パーセントにも満たない・・・
10軒だそうです。
その中の一軒を訪問して見学させて頂いたのです。
お話しを聞いたり飼育風景の見学はとても良い思い出になりました。

我が家には白文鳥・桜文鳥・シナモン文鳥が居ることを説明したのですが
帰り際に何とシルバー文鳥のつがいをプレゼントしてくださったのです^^
もう驚きと感激でしたよ。

ちょっと♂の方の足が気になるので病院へ。
男の子「勇希」
女の子「優花」
病院に行く途中に名前を付けました。

昨夜は診察時間が終わっていましたが
「診ますよ^^」と快く言ってくださったのでお世話になりました。

その時点では、両足が大きく開いてしまって止まり木に乗れない状態でした。
でも元気はあり、足の筋力が弱いということで栄養剤と食事療法で様子を見ることになりました。
両足を固定するまではひどくないとのことで。
幼鳥時の栄養等に問題があったのかも。

そして翌日、朝の状態は
立てない・目も閉じたまま・餌も食べない

「大変危険な状態なので、側についててあげてください」
お昼に「勇希」はお☆様になってしまいました。

今まで隠されていた病気がお迎えのストレスなどで一気に出てしまったようです。
ごめんね・・勇希。
2008/04/10
夜店のウズラ
1207809341949481.jpg

ウズラの光も3歳になりました。
2005年の「春まつり」の夜店で出会った「光」♂。
体重5g 約3僂梁腓さでした。
2週間後には5倍の25gに!!
今は120gです。

本当は「ヒメウズラ」として売られていたのに;
ウズラの種類
白ウズラ 赤ウズラ ヒメウズラ カンムリウズラ シロボシウズラ ジャネイロウズラ オナガウズラ ツノウズラ コリンウズラ ヨーロッパヤマウズラ シロマダラウズラ タマフウズラ ウロコウズラ ヨーロッパウズラ ノドグロコリン カンムリコリン ズアカカンムリウズラ エボシウズラ オナガウズラ ギアナウズラ マダラウズラ など

光との出会いがサイトを始めるきっかけでした。
日記に成長記録を残して置きたくて。
同じ月に出会ったオカメインコ「マル」との出会いで更に鳥好きにv
2008/04/09
ボタンインコのキョロ
1207711142374831.jpg

今日の画像はボタンインコの「キョロ」です。
22羽目の末っ子v
お迎え日は今年の1月23日でした。
生後1ヵ月半を過ぎた頃に我が家に。

お迎え後に
鼻汁検索の結果、鼻が細菌の巣となっていたみたいで、隔離、保温、放鳥禁止、投薬となりました(^^;
今は元気に飛び回っています。

お気に入りのお兄ちゃん・お姉ちゃんはコザクラインコのライム・チェリーかな〜。
見た目が(体色・目)ちょっと似ているコガネメキシコインコ「アキ」にも興味があるようですv

性別は予想では♀かな〜と思うのですがコザクラインコ「チェリー」「柚」の予想が大ハズレでしたので自信はゼロです;
最初は♂が多かった我が家ですが♀も増えて来ました。
2008/04/08
22羽で再開?
久し振りの更新です。
大学生活も2年目に入り少し慣れて来たので22羽の様子を紹介して行こうと思い始めました。
新入りさんも増えましたし約1年間の出来事や今の様子をノンビリ無理せずに更新したいと思ってます。

まずは文鳥「花梨」のこと。
現在、文鳥は5羽になりました。

花梨をケージから出して5羽の文鳥と放鳥していた時
部屋の隅に隠れるようにしていた花梨。
どうしたのか気になって持ち上げた途端、凄い声で鳴き出した為
プラケースに移動。
その後、直ぐに物凄鳴き声と共に暴れはじめたんです。
その鳴き声は苦しそう&痛々しそうで、まるでこのまま死んでしまうのでは?
と思う様な声でした。
それで丁度、キョロ(新入りさん)の鼻水の事も気になっていたので、病院に向けて出発。
診察の結果、花梨はてんかん様発作と言う文鳥特有の病気に掛かっていました。
この病気が何処から来ているのかを特定するには時間が掛かる為、暫く様子を見る事に。
ケージの床の上でジッとして動こうともしないですし・・・
因みに私が病名を知らなかった頃(一年前)からてんかん様発作の症状は出ていた様です。
その時は据わって開口呼吸の症状が出ていました。
そして花梨の場合、必ずケージから出した時にてんかん様発作が起こるため
ケージ内のみの生活の方が良いとの事で、今後はずっとケージ内生活になります。
今日の画像は前にこちらで紹介したことのある「花梨」です。
現在は体にへの負担を避けるために撮影を控えています。